埼玉医科大学国際医療センター埼玉医科大学国際医療センター

〒350-1298
埼玉県日高市山根1397-1

地図

診療部門のご案内診療部門のご案内

医療安全対策室

当院では、医療法施行規則の一部を改正する省令(平成14年)に定める「医療に関わる安全対策をおこなう部門」として医療安全対策室を設置しています。医療安全に関する様々な事象に迅速かつ正確に対応するため、病院長の直轄組織としている事が特徴です。具体的な活動としては、各職域から選出された医療安全対策実務者がその部署の中心となって医療安全活動を実践し、また、互いに緊密な連携を保ち、病院全体で安全な医療を提供できるよう努めています。
私たちは患者中心主義のもと、安心で安全な満足度の高い医療の提供を目指し、組織横断的に各部の安全管理に日々努めています。一方で安全な医療を行うためには、患者さん、ご家族のご協力も不可欠となります。何卒ご理解をいただきますようお願い申し上げます。

当院の医療安全は、患者さん・ご家族の日頃のご協力により守られております

国際医療センターの医療安全管理体制

当院には病院長を委員長とする医療安全対策委員会があり、その実務遂行のための下部組織として医療安全対策小委員会、医療安全対策実務者会議、医療事故対策小委員会、診療基本マニュアル編集会議を設置し、さらに関連委員会及び関連部署(感染対策委員会、診療情報管理委員会、防災対策委員会、利用者苦情相談室等)と連携をとり医療安全対策活動を実施しています。医療安全対策室は、医療安全対策委員会が決定した方針に基づき、組織横断的に各部の安全管理を行っています。

医療安全対策室の主な業務内容

インシデント報告の収集と分析。再発防止対策の立案と検討
職員教育
医療安全対策実務者の活動支援
診療基本マニュアルの改訂
医療事故防止に向けた職員への啓発活動
医療事故に対する外部への公表

医療安全に対する取り組み

教職員に対する研修会
全職員を対象にした医療安全に関わる講習会を6回~8回/年 実施。
安全巡回
1)実務者による院内巡視
  1. 各職域の実務者がチームとなって他部署を巡視し、安全上の必要事項が遵守されているかをチェックする。
2)私立医科大学病院分院の相互ラウンド
  1. 医療事故の防止・安全性の向上を図るため、第3者の視点で検証し、病院の安全対策強化、 改善につなげる。
  2. 病院間のコミュニケーションおよび情報を共有することにより、双方の医療事故防止に向けた取り組みを学ぶ。
医療安全推進週間のイベント活動
厚生労働省は、「患者の安全を守るための医療関係者の共同行動(PSA)」の一環として、2001年(平成13年)から、「医療安全推進週間」を定めました。期間は、毎年11月25日を含む1週間(日曜日~土曜日)と定められており、この期間に併せて当院でもイベント活動を実施し、病院全体で医療安全を盛り上げる契機としております。

Copyright(c) Saitama Medical University International Medical Center.All rights reserved.