埼玉医科大学国際医療センター埼玉医科大学国際医療センター

〒350-1298
埼玉県日高市山根1397-1

地図

診療部門のご案内診療部門のご案内

がんゲノム医療センター

  • 診療科情報
  • スタッフ紹介

診療内容・専門分野

埼玉医科大学国際医療センターにおけるがんゲノム医療について

埼玉医科大学国際医療センターは、2018年4月に厚生労働省から「がんゲノム医療連携病院」に指定され、同時にがんゲノム医療センターを設立し、がんゲノム医療中核拠点病院である国立がん研究センター中央病院、慶応大学病院と連携して、がんゲノム医療への取り組みを開始しました。また、2019年9月には「がんゲノム医療拠点病院」に指定され、地域の連携病院とともにがんゲノム医療を推進しています。

 

がんゲノム医療とは

これまでのがんの標準治療は、がんの発生部位(大腸、肺、胃、など)とがんの組織型(腺がん、扁平上皮がん、など)に基づいて決定されることが主流でした。しかし、近年、「がんは遺伝子の異常で発生する疾患である」ことや、「がんの進行には遺伝子の異常が関係している」ことが、広く知られるようになり、特定の遺伝子の変異を標的とした「分子標的薬」ががんの治療に用いられています。

「がんゲノム医療」は、がんの発生や進行に関係すると考えられている100種類以上の遺伝子を一度に解析する「がん遺伝子パネル検査」(「がんゲノムプロファイリング検査」とも呼ばれます)を行い、個々のがんの遺伝子変異の特徴を明らかにし、検出されたがんの遺伝子異常に基づいて、治療効果が見込まれる医薬品の有無を検討し、今後の治療方針を決定する目的で行われる「個別化医療」のひとつです。

保険診療の「がん遺伝子パネル検査」の結果は、各診断科の医師、および多職種の専門家で構成されるエキスパートパネルとよばれるカンファレンスで検討し、推奨される治療方針を決定します。

がん遺伝子パネル検査については各診療科外来でご相談ください。

検査を受ける際は、1回目の外来で担当医から検査について説明します。また病理診断部において病理組織検体が検査に使用できるかどうかの確認作業を行います。がん遺伝子パネル検査の適応があり、検体が使用可能であることが確認できたら、2回目の外来で検査の説明同意書に署名いただき、必要な場合は採血を行います。検体は検査機関に送付して解析を行い、検査結果に基づいて、エキスパートパネル(多職種の専門家で行うカンファレンス)で検討します。検査の結果、エキスパートパネルでの検討結果を3回目の外来でお話しします。

 

保険診療のがん遺伝子パネル検査について

2020年4月1日現在、当院では、保険収載された2つのがん遺伝子パネル検査、「OncoGuide™ NCCオンコパネルシステム」および「FoundationOneCDxがんゲノムプロファイル」が実施可能です。各検査の概要を下の表に示します。

保険適用の対象となる患者さん

保険診療による「がん遺伝子パネル検査」の対象となるのは、
①標準治療がない固形がん患者、または局所進行もしくは転移が認められ標準治療が終了(見込みを含む)した固形がん患者で、
②担当医が、全身状態・臓器機能などから、検査後(検査オーダーから約2カ月後)に薬物療法の適応となる可能性が高いと判断した外来患者です。

 

当院で検査可能なその他のがん遺伝子パネル検査(自由診療)について

当院では自由診療の下記の検査が実施可能です。

対象となる患者さん:すべての固形がんの患者さん

保険診療の対象外の検査のため、すべての費用を全額ご負担していただくことになります。(外来受診費用、検査費用など)

 

がんゲノム医療に関してご注意いただきたいこと

1.がん遺伝子パネル検査の申し込みから結果説明までにかかる期間は約2カ月です。

2.がん遺伝子パネル検査の限界について

検査を受ける前に担当医が詳しく説明しますが、下記について予めご了解ください。

(ア)がん遺伝子パネル検査を行い、検査結果から推奨されたがん薬物療法の実施に至った割合は、現時点では10-15%です。したがって、検査を行っても、がん治療に有用な情報が何も得られない可能性があります。

(イ)がん遺伝子パネル検査の結果、まだ国内で流通していない薬(未承認薬)や、他のがんに保険診療で使用できる薬(適応外薬)が治療候補として提案される可能性があります。未承認薬の場合は、治験や先進医療などがあれば、それに参加することで、その薬を使用できる可能性があります。適応外薬を、患者さんのがんに対して使用することを適応外投与(適応外使用)といいますが、原則として保険診療で使用することは出来ません。未承認薬や適応外薬を希望される場合は、治験や先進医療、臨床試験等を実施している医療機関(国立がん研究センター等の埼玉医科大学国際医療センター以外の医療機関も含む)に受診する必要があります。

(ウ)がん遺伝子パネル検査の結果、何らかのがん薬物療法が推奨されたとしても、その治療効果が保証されるわけではありません。

(エ)がん遺伝子パネル検査により、特定のがんや病気にかかりやすいような体質に関連する遺伝子の変化(二次的所見とよばれます)が疑われる、あるいは見つかることがあります。二次的所見が疑われる、あるいは見つかった場合は、当院の遺伝性腫瘍外来の受診をご提案させていただきます。

 

がんゲノム医療の受診についてのお問い合わせ先

埼玉医科大学国際医療センターで治療中の患者さんは、ご自身の担当医にご相談ください。

埼玉医科大学国際医療センター以外の医療機関で治療中の患者さんは、現在通院中の医療機関の主治医にご相談ください。

がん遺伝子パネル検査目的の紹介受診は、通院中の医療機関から埼玉医科大学国際医療センター地域医療連携室にご連絡ください(患者さん個人からの予約は受け付けておりません)。

患者さんからの一般的な内容のご相談については、当院がん相談支援センターをご利用ください。

 

がんゲノム医療に関する参考情報

がんゲノム医療についてもっと詳しくお知りになりたい方は、以下のサイトもご参照ください。

・国立がん研究センター中央病院「がんゲノム医療とは」

・国立がん研究センターがん情報センター「がんゲノム医療 もっと詳しく知りたい方へ」

・国立がん研究センターがんゲノム情報管理センター(C-CAT)「患者さん・一般向け」

 

がんゲノム医療中核拠点病院、がんゲノム医療拠点病院、がんゲノム医療連携病院の3種類の病院の指定状況については、厚生労働省のホームページ「がん診療連携拠点病院等」がんゲノム医療提供体制におけるがんゲノム医療中核拠点病院等 一覧表にてご確認ください。

 

紹介時のお願い

医療機関の方へ

貴院の患者さんが当院でのがん遺伝子パネル検査を希望される場合、以下の手続きをお願いいたします。なお、当院では、個人の患者さんからのがん遺伝子パネル検査目的の予約は受け付けておりません。必ず医療機関を通してご予約ください。

 

必要な書類等

紹介元の医療機関にて、下記の1.から6.に示す書類と、7.の腫瘍検体をご用意ください。

1.埼玉医科大学国際医療センター がんゲノム医療初診FAX予約申込書(当院書式①

2.診療情報提供書(様式自由)

3.検査結果コピーおよび画像検査コピー

4.臨床情報提供書(エキスパートパネル開催前の臨床情報)(当院書式②

5.臨床情報提供書(エキスパートパネル開催前の薬物療法と有害事象)(当院書式

6.病理診断書(コピー)

7.病理検体(詳細は「病理検体提出のお願い」を参照ください)

 

予約方法

1.「埼玉医科大学国際医療センター がんゲノム医療初診FAX予約申込書(当院書式①)」と「診療情報提供書」(様式自由) の2点を医療機関から当院地域医療連携室までFAX送付してください。
宛先:埼玉医科大学国際医療センター 地域医療連携室 FAX 042-984-4740

2.当院地域医療連携室で当院各診療科初診外来の予約をお取りします。

3.外来日決定後、2営業日以内に予約票を返信します。

4.初診日までに上記2.から7.をすべてご準備の上、患者さんが来院時に持参してください。

※ 書類や検体に不備がありますとがん遺伝子パネル検査の開始が遅れることがありますのでご注意ください。

 

紹介にあたって留意いただきたいこと

がん遺伝子パネル検査は、検査結果が出るまでに4-6週かかり、その後、推奨治療法が存在する場合などの該当症例はがん薬物療法が開始されます。そのため、がん遺伝子パネル検査を実施する上で、下記に該当する場合は適応外となる可能性が高いことを患者さんにご説明ください。

□ PSが3以上である。

□ 1カ月につき2−4回程度の当院への定期通院が困難である。

□ 生命予後が1-2カ月程度である。

□ がん遺伝子パネル検査実施1.5~2カ月後に造血能や臓器機能確保が困難と予想される。

□ 経口摂取が困難である。

 

がん遺伝子パネル検査後の臨床情報提供のご依頼

患者さんががんゲノム情報管理センター(C-CAT)への情報提供に同意されますと、がん遺伝子パネル検査前後に臨床情報の提供が必要になります。

がん遺伝子パネル検査後に紹介元病院で治療される場合は、当院の担当医に情報を共有していただくため、下記の2点について、がん遺伝子パネル検査後、半年に1回程度の提出をお願いします。
・エキスパートパネル開催後の薬物療法と有害事象(当院書式

・エキスパートパネル開催後の転帰情報(当院書式⑤

 

関連ファイル

埼玉医科大学国際医療センター がんゲノム医療初診FAX予約申込書(当院書式①

エキスパートパネル開催前の臨床情報(当院書式②

エキスパートパネル開催前の薬物療法と有害事象(当院書式③

エキスパートパネル開催後の薬物療法と有害事象(当院書式④

エキスパートパネル開催後の転帰情報(当院書式⑤

病理検体提出のお願い

担当医師

センター長

濱口 哲弥

専門分野 消化器がん薬物療法
主な資格 日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医・指導医、日本がん治療認定医機構がん治療認定・暫定教育医、日本消化器病学会専門医・指導医、日本内科学会認定内科医

副センター長

長谷川 幸清

専門分野 婦人科腫瘍学、がん免疫治療、がんゲノム診療、がん臨床試験、遺伝子治療・化学療法
主な資格 日本産科婦人科学会専門医、日本産科婦人科学会指導医、日本婦人科腫瘍学会専門医

副センター長

牧野 好倫

専門分野
主な資格 薬剤師、日本医療薬学会認定薬剤師・指導薬剤師、日本医療薬学会がん指導薬剤師

がんゲノム情報管理センター(遺伝子検査室)室長

藤野 節

専門分野 消化管の病理学
主な資格 病理専門医、分子病理専門医(暫定)、細胞診専門医

吉田 裕之

専門分野 婦人科腫瘍学、家族性腫瘍
主な資格 日本産科婦人科学会専門医、日本産科婦人科学会指導医、日本婦人科腫瘍学会専門医

福島 久代

専門分野
主な資格 認定遺伝カウンセラー

平﨑 正孝

専門分野
主な資格

榊原 彩花

専門分野
主な資格 認定遺伝カウンセラー、ゲノム・メディカル・リサーチ・コーディネーター

鎌倉 靖夫

専門分野
主な資格 臨床検査技師、細胞検査士、国際細胞検査士、二級臨床検査士、がんゲノム医療コーディネーター

松野 紗由美

専門分野
主な資格 臨床検査技師、二級臨床検査技師、、臨床化学、POCコーディネーター

Copyright(c) Saitama Medical University International Medical Center.All rights reserved.