埼玉医科大学国際医療センター埼玉医科大学国際医療センター

〒350-1298
埼玉県日高市山根1397-1

地図

診療部門のご案内診療部門のご案内

薬剤部

  • 診療科情報
  • スタッフ紹介

診療内容・専門分野

【コンセプト】
国際医療センター薬剤部は、高度専門病院として各分野において、薬の専門家としてまたチーム医療の一員として病棟や外来での服薬指導業務、救命救急センターでの24時間サポート業務、注射薬の無菌調製を含む調剤及び製剤業務、PET検査、手術室業務など様々な業務を行っています。当院の特徴として、各病棟にサテライトファーマーシーを設置し、より患者さんの近くで専任の薬剤師が服薬指導や医薬品の管理および無菌調製を行っています。さらに、包括的がんセンター外来でも専門薬剤師による薬剤師外来を展開し、地域の保険薬局との連携も積極的に行っています。また運搬および発注業務等は、薬剤師以外の専門のスタッフに委託しています。
当院では、患者さんの安全を守るために注射薬自動払出システム、画像監査等を導入して調剤を行い薬剤師と機械の二重チェックを実施しています。そして、患者さんに対して安全かつ安心な満足度の高い医療を提供できるよう薬剤師は一丸となって努力しています。また、認定・専門薬剤師を育成するための教育にも積極的に取り組んでいます。

対象疾患

(業務紹介)
【病棟薬剤師業務】
救命救急センター(脳卒中センター含む)、心臓病センター、包括的がんセンターの各センターにおいて、高度専門医療、先進医療を提供するため、専任の薬剤師がサテライトファーマシーに常駐し薬物治療に参画しています。
各センターの病棟薬剤師は、入院時には初回面談を行い、服薬歴やアレルギー歴を確認し安全な治療が行われるようスタッフへ情報を提供しています。退院時には個々の患者さんに合わせた説明を行うことで、お薬の重要性をしっかりと理解し安心して服用して頂く事を目標にしています。また、当院のサテライトファーマシー内には、安全キャビネットまたはクリーンベンチが設置されており、薬剤師による抗がん剤の安全な調製、高カロリー輸液の無菌調製を行っています。
急性期の集中治療室に常駐する薬剤師は、日々変化する患者さんの状態を把握し、リアルタイムで医師へ処方提案を行っています。また、専門的な知識を持つ感染制御チームや栄養サポートチームと協力することでチーム医療に貢献しています。
包括的がんセンターに常駐する薬剤師は、抗がん剤治療のために入院される患者さんに対して、抗がん剤の特性をわかりやすく説明しています。投与スケジュールの確認を行い、治療開始後も継続して副作用や血液検査結果を確認することで治療への不安を軽減し、安心して治療が受けられるようサポートしています。
患者さんが少しでも満足していただけるように、薬剤師としての専門性を活かし、今後も安心・安全な医療の提供に努めていきます。

 

【救命救急部門】
当救命救急センターでは、重篤な疾患(心筋梗塞、脳卒中など)、外傷、中毒、広範囲熱傷など様々な患者さんが搬送されてきます。この救命救急の現場に、開院当初より専任の薬剤師を24時間体制で配置し、医師、看護師、その他コメディカルのスタッフと協力し、治療に参画しています。
患者さんの服薬歴、アレルギー歴等を迅速に把握し、情報提供することでスムーズな治療を開始できるような体制で取り組んでおります。中毒診療では、中毒起因物質と患者情報を的確に把握し、迅速に中毒情報を医師へ提供できる体制を構築しています。
薬物治療開始に伴い投与される薬剤の多くは緊急性を要するため、迅速かつ適切な薬剤が選択され投与される必要があります。投与される薬剤の適正使用を遵守し、薬剤師の観点から種々の薬剤のチェックを行っております。
薬剤師が救命救急センターに常駐しチームの一員として参画することで、患者さんの治療に「くすり」という専門性を発揮し、全力で取り組める体制で業務を行っています。当院の基本理念である「患者中心主義」のもと、薬剤師としてより安心で安全な満足度の高い医療の提供に努めております。

 

【外来化学療法業務】
近年、抗がん剤治療は入院だけでなく外来において多くの患者さんへ投与されるようになりました。外来化学療法業務担当の薬剤師は患者さんへ投与される抗がん剤の確認・調製・副作用対策のマネージメントを行っています。
抗がん剤点滴開始時には、担当医より指示された抗がん剤治療計画書の可否を独立した立場で検討します。当日の治療の妥当性を判断した上で、医師の処方に従い正確に抗がん剤を調製し、薬剤投与の最終チェックを行い、場合によっては投与の説明を行っています。 また、抗がん剤投与後も定期的に副作用の確認や説明を行っています。
このような業務によって、患者さんが安心して治療を受けて頂くことを目指しており、さらに日頃より知識・技術の向上を心掛けています。

 

【手術室業務】
手術部では薬剤師が常駐して薬剤管理を行っています。
手術室で使用される薬剤には、麻薬、筋弛緩薬、向精神薬、血液製剤等、厳重な管理が必要な薬剤(厳重薬)が多数あり、これらの薬剤を手術部内に置き、薬剤師が常駐することによって、徹底した管理を行っています。
具体的には、麻酔科医が手術中に使用する薬剤を、麻酔方法によりセット化し、使用後の空容器、手術票、麻酔記録等のチェックを行い、使用薬剤を確認しています。
薬剤管理記録として、チェックした手術票は、電子カルテに保存しています。厳重薬については、使用日、使用患者名、使用数を記録し、特に麻薬に関しては、持ち出しを麻酔科医のみとし、使用した際は使用量を処方して、使用した空容器と処方箋を薬剤師と確認して返却しています。 1日に15~20件の手術が行われるため、手術が円滑に行われるようにスタッフと協力して業務を行っています。

 

【調剤室業務】
当院の外来処方の9割は院外処方となっています。「では、病院の薬剤師は何をしているのだろう??」と思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
調剤室では院外調剤薬局からの疑義照会への対応、外来処方および入院処方のチェック、治験などの外来処方の調剤・与薬と全ての入院処方を調剤し出来上がったお薬を患者毎にセットをしています。
錠剤や粉薬など色々な種類のお薬が出された場合、錠剤を集めて終わってから軟膏を詰めたりしていると一枚の処方を完成させるのに長い時間がかかってしまいます。そこで当院ではその処方に関わる全ての部署に処方内容を打ち出し、同時に調剤をスタートする並行調剤を行っています。これにより錠剤を集めながら同時に軟膏も詰めることができ、比較的短時間で完成させることができます。
また、与薬ミスを防止するシステムとして集めたお薬と処方されたお薬とが合っているかを包装のデザインで確認する画像監査装置があります。このシステムによりデザインの似たお薬や複数規格のあるお薬の取り間違えを防ぐことができるのです。
この他にも粉薬や水薬では処方された薬剤と手に取った薬剤とが合っているかをバーコードで照合するシステムを導入し安全で安心なお薬の提供を心掛けています。

 

【注射薬部門】
医薬品をSPD(搬送管理)部門と連携し、薬剤供給、管理等の業務を行っています。
電子カルテで患者毎にオーダーされた処方データを受信し、ラベル発行、発行を行います。自動注射薬払出し装置の採用により、アンプル類は患者毎にトレーへピッキングされます。輸液などの未装填薬品は、注射処方箋と一緒に発行されたリストで人為的に集め鑑査を経て個人別セットし、病棟毎に専用カートに納め各病棟へ搬送されます。
病棟、外来では配置した定数配置薬を基本としており、定数配置薬に無い薬品はその都度臨時請求を受けて払い出す対応をしています。
また、厳重管理薬剤は厳重薬ボックスの採用により登録した人でなければ開錠出来ないように厳重に管理されています。

 

【注射薬無菌調製業務】
注射薬を安全に実施するために、各病棟のサテライトファーマシーで無菌的に薬剤師が混合調製を行っています。現在、抗がん薬、中心静脈栄養薬および高濃度電解質を含む輸液、500mL以上となる輸液の無菌調製を行っています。

 

【院内製剤業務】
診療科の要望により、市販されていない特殊な製剤の調製および無菌的な調製が必要な医薬品を供給しています。特殊製剤の調製においてはIRB(Institutional Review Board)の承認を受けています。

 

【在庫管理業務】
医薬品の管理業務は調剤業務などと並び薬剤師の基本的な業務となっています。管理業務の基本としては、品質にかかわる品質管理と経済的な面も含めた在庫管理があります。近年、品質管理はもとよりコスト管理の重要性が増しています。現在の薬剤師には、医薬品の適正な購入管理、在庫管理、供給管理、消費管理も求められています。
当院では、開院時よりSPD (Supply Processing & Distribution)を導入しており、従来行っていた入庫データの取り込みや、入出庫伝票の入力、棚卸業務などを外部業者に委託し、連携しながら業務を行っています。これによって薬剤師は医薬品の納品時のチェックや、発注書の確認、厳重薬の管理などに専念できるようになり、また個々の医薬品の動向分析や、不動在庫のチェックもきめ細かく行うことができるようになりました。さらにSPDの業務は薬剤部内にとどまらず、病院内の医薬品・医療材料の搬送や各病棟の在庫管理も行っています。

 

【治験薬管理業務】
当院では常に50件を超える治験が実施されており、当院で実施される治験が安全かつ適切に行われるよう、臨床試験支援センターの治験コーディネーターと協力しながら、治験薬管理担当薬剤師が治験薬を管理しています。
治験薬管理担当薬剤師は主に以下のような業務を行っています。
・ 治験依頼者(製薬企業)との打ち合わせ、治験薬の受け渡し
・ 治験薬の在庫管理と品質(保管温度や使用期限)管理
・ 治験薬の払い出しと回収

 

【PET(陽電子放射断層撮影)検査への関わり】
サイクロトロンで製造される放射性同位元素を用いて製造される18F-FDG(18F-Fluorodeoxyglucose)をはじめ、種々の短寿命放射性薬剤の合成および品質管理を行っています。さらに、放射線内照射療法に必要な標識化も行っています。

 

【DI室業務】
医薬品情報室は医薬品が有効かつ安全に使用されるよう様々な情報を収集し、それらを評価・加工し医師、看護師などの医療スタッフに情報提供を行っております。緊急性の高い情報、重要性の高い情報に関しては特に注意を払い迅速そして確実に周知できるよう対応しております。
また、医薬品の採用を審査する薬事委員会の事務局を務めておりますので、そこで審査する新薬及び後発医薬品の評価資料の作成や、採用薬の電子カルテオーダーシステムへの登録、患者さん向けのお薬の説明書の作成などを行っております。
そして最新の情報を得るために新薬の勉強会などを企画し薬剤師のレベルアップを図り、薬物療法が安全に行われ、患者さんが安心して薬を使用できるよう務めております。

 

【術前外来】
手術を受けられる患者さんに、快適で安心・安全な手術環境を効率的に提供するために平成26年6月26日より、乳腺腫瘍科、婦人科腫瘍科の術前外来が開始されました。
薬剤師は、現在使用しているお薬を確認し、手術の前に中止するべきお薬がないかどうか、当日まで続けても大丈夫かを確認いたします。確認後、中止するべきお薬がある場合は、麻酔科医師、外科医師と協議し、中止を決定いたします。受診が決まりましたら、お薬手帳等、現在使っているお薬がわかるものをご持参ください。

 

【がん専門薬剤師外来業務(包括的がんセンター外来)】
近年抗がん薬治療は入院下ではなく、ますます外来治療に移行しています。専門薬剤師外来とは、専任のがん専門薬剤師および認定薬剤師が、医師と協働して外来通院で抗がん薬治療を受けられる患者さんに対して初回から治療中にかけて継続してフォローアップをさせていただきます。抗がん薬治療を受けるにあたり、少しでも不安なく安心して治療にのぞむことができるよう治療の決定支援から初回の治療説明、治療開始後の生活の中での副作用の予防対策をどのようにしたらいいか、副作用を早期に発見しどのように早期対応するか、等を丁寧に説明します。副作用の対応策は主治医の先生と共に検討します。医師の診察日毎に診察前の面談でお話をお聞きし、副作用やその他の症状を評価し、医師の診察にも同席します。処方された抗がん薬およびその他の薬が院外処方となった場合には地域の保険薬局と連携し、患者さんが困らないよう配慮しています。この部門では医師・薬剤師・看護師・社会福祉士・その他のスタッフと連携し、チームで治療を実践しています。緩和医療科とも連携することもあります。

実績

(認定・専門薬剤師)
【日本医療薬学会 がん専門薬剤師】
藤堂 真紀
【日本臨床救急医学会 救急認定薬剤師】
江波 和憲、鍵山 智樹
【日本病院薬剤師会 感染制御認定薬剤師】
新屋 夏希、土肥 大典、唐牛 春香
【日本化学療法学会 抗菌化学療法認定薬剤師】
新屋 夏希、土肥 大典、唐牛 春香
【日本臨床腫瘍薬学会 外来がん治療認定薬剤師】
髙山 俊輔
【日本緩和医療薬学会 緩和薬物療法認定薬剤師】
藤堂 真紀
【日本医療薬学会 認定薬剤師、指導薬剤師】
藤堂 真紀
【日本医療薬学会 薬物療法指導薬剤師】
藤堂 真紀
【日本医療薬学会 薬物療法指導薬剤師】
藤堂 真紀
【日本静脈経腸栄養学会 栄養サポート専門療法士】
鍵山 智樹
【糖尿病療養指導士認定機構 糖尿病療養指導士】
髙橋 美賀、桑田 康弘
【日本アンチドーピング機構 スポーツファーマシスト】
鍵山 智樹
【日本薬剤師研修センター 漢方・生薬認定薬剤師】
髙橋 美賀
【日本薬剤師研修センター 認定実務実習指導薬剤師】
真壁 秀樹、浅見 孝雄、鍵山 智樹、土肥 大典、武田 直樹、志保井 太郎
桑田 康弘、山中 美津子、浅野 将也、髙山 俊輔、藤堂 真紀

地域連携への取り組み

地域保険薬局との定期的な研修会や情報交換会を開催し、病院の薬剤師と地域の薬剤師との連携を図っています。また、当院では市民公開講座も開催しており、その際にお薬相談も行っています。お薬の疑問のある方は是非市民公開講座にご参加ください。

担当医師

乳腺腫瘍科診療部長 教授、医学博士   薬剤部部長

佐伯 俊昭

専門分野 臨床腫瘍学、腫瘍外科学(乳腺外科)
主な資格 日本外科学会指導医・専門医、日本乳癌学会乳腺専門医、臨床腫瘍指導医 他

次長

石井 正幸

専門分野 臨床試験支援センター(副センター長)

課長

真壁 秀樹

専門分野 調剤部門・実習指導担当
主な資格 日本薬剤師研修センター認定実務実習指導薬剤師

課長補佐

坂本 寿博

専門分野 調剤部門担当
主な資格 日本薬剤師研修センター認定薬剤師

課長補佐

松戸 創

専門分野 薬品管理担当、製剤部門、PET担当

課長補佐

浅見 孝雄

専門分野 医薬品情報担当
主な資格 日本薬剤師研修センター認定実務実習指導薬剤師

係長

舘林 恵美

専門分野 がん緩和ケア担当、調剤部門担当
主な資格 日本薬剤師研修センター認定薬剤師

係長

小林 万也孝

専門分野 調剤部門担当、品質管理部門担当
主な資格 日本薬剤師研修センター認定薬剤師

係長

土肥 大典

専門分野 医療安全対策室、調剤部門担当
主な資格 日本薬剤師研修センター認定薬剤師、日本薬剤師研修センター認定実務実習指導薬剤師、日本病院薬剤師会感染制御認定薬剤師、日本化学療法学会抗菌化学療法認定薬剤師

係長

江波 和憲

専門分野 救命救急担当
主な資格 日本臨床救急医学会救急認定薬剤師、日本薬剤師研修センター認定薬剤師

主任

鍵山 智樹

専門分野 術前外来担当、調剤部門担当
主な資格 日本臨床救急医学会救急認定薬剤師、日本薬剤師研修センター認定薬剤師、日本薬剤師研修センター認定指導薬剤師、日本病院薬剤師会認定薬剤師、日本病院薬剤師会認定指導薬剤師、日本病院薬剤師会生涯研修認定薬剤師、日本病院薬剤師会生涯研修履修認定薬剤師、日本アンチドーピング機構スポーツファーマシスト、日本静脈経腸栄養学会栄養サポートチーム(NST)専門療法士

主任

新屋 夏希

専門分野 感染対策室、調剤部門担当
主な資格 日本薬剤師研修センター認定薬剤師、日本病院薬剤師会感染制御認定薬剤師、日本化学療法学会抗菌化学療法認定薬剤師

主任

藤堂 真紀

専門分野 薬剤師外来担当
主な資格 日本医療薬学会がん専門薬剤師、日本緩和医療薬学会緩和薬物療法認定薬剤師、日本医療薬学会認定薬剤師・指導薬剤師、日本医療薬学会薬物療法指導薬剤師、日本薬剤師研修センター認定薬剤師、日本薬剤師研修センター認定実務実習指導薬剤師

主任

武田 直樹

専門分野 病棟業務担当
主な資格 日本薬剤師研修センター認定実務実習指導薬剤師

主任

桑田 康弘

専門分野 臨床業務部門(病棟責任者)
主な資格 日本薬剤師研修センター認定実務実習指導薬剤師、糖尿病療養指導士認定機構糖尿病療養指導士

Copyright(c) Saitama Medical University International Medical Center.All rights reserved.