埼玉医科大学国際医療センター埼玉医科大学国際医療センター

〒350-1298
埼玉県日高市山根1397-1

地図

診療部門のご案内診療部門のご案内

感染対策室

感染対策室の病院における役割

活動の目的

病院における感染対策の考え方は、まず合併症としての感染症を可能な限り低減させること、および医療従事者(職員)を種々の感染(職業感染)から守ることです。つまり感染症から患者を守り、職員を守り、それによって病院(の機能)を守り、ひいては地域の医療を守ることといえます。そのために、感染対策室を中心に複数の職種が協力して(いわゆるICT infection control team)病院横断的に活動しています。
また、近年種々の抗菌薬に対して耐性となった多剤耐性菌は、国内外を問わず社会的な問題となっています。病院内でも、耐性菌の検出には注意し、迅速な対応に心がけています。

主な活動内容

1) 病棟ラウンド(巡視と指導)
2) 職員の教育
  • 標準予防策および感染経路別予防策
  • 職業感染について
  • 抗菌薬適正使用など
3) 感染対策マニュアル作成
4) サーベイランス
  • 各種感染症サーベイランス
  • 院内分離菌サーベイランス
  • 耐性菌サーベイランス
  • 抗菌薬使用状況
5) 職員の職業感染対策
  • ワクチン接種
  • 針刺し・切創後の対応
6) その他
  • アウトブレイク対応
  • 情報収集と提供
  • 学会発表
  • 地域連携など

スタッフ紹介

室員 氏名
感染対策室 室長 光武 耕太郎 教授 (感染症科・感染制御科)
感染対策室 副室長 宮里 明子 准教授 (感染症科・感染制御科)
感染対策室 専従 松本 千秋 副看護師長・感染管理認定看護師
感染対策室 専従 宮澤 千恵子 主任・感染管理認定看護師

Infection control team (ICT)による病棟ラウンド

ICTの構成メンバー

部門医師(心臓、救急、包括がん)、薬剤部、検査部(細菌検査担当)、栄養部、事務部、看護部、MEサービス部、医療安全管理者  

Copyright(c) Saitama Medical University International Medical Center.All rights reserved.