埼玉医科大学国際医療センター埼玉医科大学国際医療センター

〒350-1298
埼玉県日高市山根1397-1

地図

センターニュースセンターニュース

アジア初!感触を伝えられる低侵襲手術ロボットシステムを導入しました

2019年09月05日

アジア初!感触を伝えられる低侵襲手術ロボットシステム

「センハンス・デジタル・ラパロスコピー・システム」を導入

 

 埼玉医科大学国際医療センターでは、触感(手術器具の先端で患部に触れたときのさわったという感覚)を伝えることのできる低侵襲手術ロボットシステム「センハンス・デジタル・ラパロスコピー・システム」(米 TransEnterix社製)をアジアではじめて導入しました。

 今までダビンチ・サージカル・システムが世界で唯一の臨床用手術支援ロボットでしたが、このセンハンスのシステムはダビンチに続く第2の臨床用手術支援ロボットとなります。米国では昨年初めから臨床応用されており、本邦では今回初めての臨床使用となります。

ニュース&トピックス一覧へ戻る

Copyright(c) Saitama Medical University International Medical Center.All rights reserved.